ドイツ外務省のホームページにようこそ

新型コロナウイルス感染症に伴う入国制限とビザ申請について

Ein Beamter der Bundespolizei gibt einem Passagier im Düsseldorf International-Flughafen nach einer Ausweiskontrolle den Reisepass zurück.

Passkontrolle am Düsseldorfer Flughafen, © dpa

13.06.2022 - 記事

2022年6月11日(土)0時00分(中央ヨーロッパ時間)より、新型コロナ(COVID-19)によるドイツへの入国制限が解除されました。

2022年6月11日(土)0時00分(中央ヨーロッパ時間)より、ドイツへ入国する際の新型コロナ(COVID-19)による制限はすべて、当面の間解除されました。

この時点以降、日本からドイツへの渡航は旅行目的を問わず(観光、知人等の訪問を含む)認められます。ドイツ入国にあたっては、ワクチン接種証明書、快復証明書、検査証明書の提示は不要となりました。

日本国内のドイツ在外公館では、旅行目的を問わず、ドイツへの入国に必要なビザ申請を受け付けます。ただし申請が集中した場合には、ビザ発給に通常より時間を要する可能性がありますのであらかじめご了承ください。


その他のコンテンツ

Due to the COVID-19 pandemic, restrictions for entry into Germany from areas of variant of concern apply. Persons entering these areas are required complete a digital entry registration, provide a negative test result and quarantine. Restrictions from other areas have been mostly lifted.

Traveling during the COVID-19 pandemic – entry restrictions mostly lifted

このページのトップに戻る