ドイツ外務省のホームページにようこそ

マルティン・エバーツ総領事
マルティン・エバーツ総領事© RTI

総領事

マルティン・エバーツ (Martin Eberts)

略  歴
歴史学、ドイツ文学、哲学、神学を専攻
ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボンにて学位取得
1986年-1988年
 ドイツ外務省入省 外交官研修
1988年-1991年
 在ブダペスト大使館(ハンガリー)広報担当官
1991年-1993年
 本省(ボン)中東欧課
1993年-1997年
 在リヤド大使館(サウジアラビア)政務広報担当官
1997年-1998年  
 フランス外務省東欧(ウクライナ・ベラルーシ・モルドバ)課(独仏外交官交流)
1998年-2001年
 在パリ大使館(フランス)経済部副部長兼EU担当官
2001年-2005年
 本省(ベルリン)政策企画部
2005年-2009年
 在京大使館政務課長
2009年-2012年
 本省(ベルリン)在外ドイツ文化機関部部長
2011年5月-7月
 在京大使館へ臨時派遣(災害支援のための二国間協力プログラム)
2012年-2014年
 在ブラジリア大使館(ブラジル)経済グローバル問題担当公使
2014年-2018年
台北ドイツ会館(中華民国におけるドイツの在外公館)館長
2018年-2020年
在ジャカルタ大使館(インドネシア)公使
インドネシア・ASEAN・東ティモール政務課長
2020年7月-
大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事
1957年生まれ。カトリック教徒。既婚、子供4人。


関連コンテンツ

このページのトップに戻る