ドイツ外務省のホームページにようこそ

Instagram懸賞参加規約

null

null, © Colourbox

21.09.2022 - 記事

参加規約

ドイツ連邦共和国大使館主催「ウォーターボトル プレゼントキャンペーン」の実施期間は 2022年9月22日12時(日本時間)~9月25日です。日本国内に居住する成人であればどなたでも参加できます。応募はユーザー本人に限ります(本人以外による応募は無効とします)。懸賞及び抽選の実施方法に関する不服申立ては認めらません。当選者はすべてのコメントといいねをしたフォロワーの中から無作為に選ばれます。

賞品

抽選で  3名様にドイツ外務省オリジナルウォーターボトル(アルミ製) が当たります。

参加方法

Instagramチャンネルの@germanyinjapanをフォローし、9月22日のフィード投稿に「いいね」を押し、コメントすることで、どなたでも懸賞と抽選に参加できます。  

当選通知

抽選後、当選者にはInstagramのダイレクトメッセージで当選を通知します。賞品の発送のため、ダイレクトメッセージあるいはメールで住所を照会します。個人情報の正確性については参加者が責任を負います。ドイツ大使館は賞品を変更する権利を有します。賞品の換金や譲渡はできません。

個人情報の使用

参加者/当選者から収集した個人情報(氏名、住所等)は、第三者に提供されることはなく、懸賞の実施及び当選通知にのみ使用され、その後、消去されます。当選者の個人情報(氏名、住所)は、賞品を発送する目的でのみ配送業者に提供され、使用後はただちに消去されます。ドイツ大使館における個人情報の取扱いについては、個人情報保護に関する告知をご覧ください。

Instagramの免責事項

ドイツ大使館主催の懸賞はInstagramとは無関係であり、Instagramがスポンサー、サポート、主催するものではありません。本懸賞の主催者及び参加時に提供される情報の受領者はInstagramではなく、ドイツ大使館です。参加者は本懸賞に応募することにより、本規約に同意するものとします。

その他の法令事項

参加規約に違反した場合、主催者は当該参加者の参加資格を取り消すことができます。これは特に、参加者が虚偽の申告を行った場合に適用されます。暴力を賛美するコメント、不快なコメント、嫌がらせや軽蔑的なコメント、その他、社会的良識や適用される法規に違反するコメントについても同様です。自動化されたプログラムやこれに類する方法で懸賞を不正に操作した場合は、参加資格を失います。不正操作の疑いがある場合、ドイツ大使館は参加者に理由を説明することなく参加資格を取り消すことができます。主催者は、技術的な理由(ソフト/ハードウェアの不正操作や不具合等)又は法的理由(Instagramによる禁止措置等)により、懸賞の適切な実施を保証できない場合、当該実施期間にかかわらず、いつでも懸賞の全部又はその一部を早期に終了、あるいは手順を変更する権利を有します。

当選者が参加資格の取り消し対象となった場合、後日、当選が取り消されることがあります。

使用権

主催者は、懸賞並びに懸賞に提出されたコンテンツを言葉や画像で報道し、これをメディアで使用する権利を有します。

不服申立て

不服申立ては認められません。

個人情報保護

応募が適正であることを確認する目的以外で個人情報が処理されることはありません。個人情報が保存されるのは懸賞の実施期間内のみです。

個人情報保護についてご質問がある方はドイツ大使館の以下の担当までお問い合わせください。

主催者は、契約の履行又は契約締結前手続きの履践に必要な限りにおいて、EU一般データ保護規則(以下、GDPR)第6条第1項(b)に基づき参加者の個人情報を処理します。参加者は自身の個人情報について以下の権利を有します。

·        データ主体によるアクセスの権利(GDPR第15条)

·        訂正の権利(GDPR第16条)

·        消去の権利(「忘れられる権利」)(GDPR第17条)

·        取り扱い制限の権利(GDPR第18条)

·        データポータビリティの権利(GDPR第20条)

·        異議を述べる権利(GDPR第21条)

参加者の個人情報の処理が参加者の同意に基づいて行われた場合に限り(ニュースレター等)、参加者はこの同意をいつでも理由の提示なく撤回することができます。同意の撤回は、撤回されるまで同意に基づいて行われた処理の適法性に影響を及ぼすものではありません(GDPR第7条第3項)。

参加者はまた、主催者による個人情報の処理について、データ保護監督当局に不服を申し立てることができます(GDPR第77条)。

ドイツ外務省とドイツの在外公館を管轄する監督官庁は以下のとおりです。

データ保護・情報の自由に関する連邦担当庁

Graurheindorfer Straße 153

D-53117 Bonn

分離可能性条項

本参加規約内のある条項の全部又は一部が無効となった、あるいは無効となる場合でも、これによって本規約の他の条項の有効性は影響を受けません。無効となった条項に代え、当該条項に記載されていた意義及び目的が極力合理的に反映されるような法的に認められた規定を適用します。本参加規約に万一不備があった場合についても同様とします。

このページのトップに戻る