ドイツ外務省のホームページにようこそ

ラインラント=プファルツ州

記事

欧州の中心、統合に向かって進むヨーロッパ大陸の中心地に、ラインラント=プファルツ州は位置しています。

高い能力を持ち、経済力のある、誇り高い州です。

しかしこれは、今まで常にそうだったわけではありません。1946年にこの州が創設された時、この州が長く存続できるのか、多くの人は懐疑的でした。ところが今は、この「人工的に作られた州」はひとつにまとまり、かつて最下位だった経済力も、今は上位4位に入るようになりました。この州は、ドイツの対外貿易のダイナミックな中心地へと成長しました。製造業、交通網、大学・学校教育の拡充、最新技術の研究や応用は、この州に飛躍をもたらしました。

広大なワイン生産地域を擁する美しい景観と、2000年以上にわたる文化の歴史により、ラインラント=プファルツ州は、多くの人にとって魅力ある生活や仕事の場となっています。州都マインツやヴォルムス、シュパイヤー、コブレンツ、トリーアなどの街は、今も歴史的・文化的に重要なこの地域に特色を与えています。

連邦参議院の厚意により掲載 ( 20109)  

ラインラント=プファルツ州
Rheinland-Pfalz
州都
マインツ / Mainz
人口
401万人
面積
19,854km2
州内総生産
1320億ユーロ

州のHP

(2016年7月現在)


このページのトップに戻る