ドイツ外務省のホームページにようこそ

メクレンブルク=フォアポンメルン州

記事

かつて「城と農家の地」と呼ばれたメクレンブルク=フォアポンメルン州の人々の生活は、この地の地理的条件に強く影響を受けています。

バルト海に沿って畑と牧草地がひろがる広大な平野では、主に農業がおこなわれています。これに対して沿岸部では、旧東ドイツ最大の国際港ロストックの造船や、海運貿易、漁業などが主な産業です。

バルト海沿岸には、リューベック湾からリューゲン島まで、真珠のネックレスのように海水浴場がつらなっています。

メクレンブルクの湖沼地帯は、ドイツ最大のまとまったリクリエーション地帯のひとつです。約650の湖と河川を合わせると、湖水面の面積は広大で、幅40キロにわたるこの丘陵地帯は、鳥たちの楽園となっています。

1918年まで大公家が政治を主導していたこの州の、ロストックに並ぶ州最大の都市として、ノイブランデンブルクとシュヴェリーンがあります。

連邦参議院の厚意により掲載(2010年9月)

メクレンブルク=フォアポンメルン州
Mecklenburg-Vorpommern
州都
シュヴェーリン / Schwerin
人口
160万人
面積
23,214km2
州内総生産
399億ユーロ

州のHP

(2016年7月現在)

このページのトップに戻る