Willkommen auf den Seiten des Auswärtigen Amts

ブランデンブルク州

記事

統一ヨーロッパにおいて未来が期待される地域、ブランデンブルク州の中心部には、かつてのプロイセン帝国の中心都市ベルリンがあります。


北部低地の一部であるブランデンブルクには、松林、砂地、湖、ヒースの草原などの風景が広がっています。州の都市の中で重要かつ著名なものには、ポツダム、フランクフルト・アン・デア・オーダー、ブランデンブルク、コトブスがあります。ブランデンブルク州には多くの歴史的建造物があり、文化的催しと共に、観光地としても大きな魅力をもっています。多くの湖を配した景観や、シュプレー河畔の森は、行楽地としても人気があります。

ブランデンブルク州の経済は、伝統的な褐炭や鉄鋼、化学産業が強い一方で、製紙や印刷などの新しい産業、最新の情報産業や環境技術などが支えています。

また、ポーランドとの協力も重要です。多くの地域で共同の交流プロジェクトを立ち上げることを目的に、国境地域では「ユーロリージョン」が創設されました。また、経済促進公社も活動を開始しました。 

連邦参議院の厚意により掲載 ( 20109) 

ブランデンブルク州
Brandenburg
州都
ポツダム / Potsdam
人口
246万人
面積
29,654km2
州内総生産
653億ユーロ

州のHP

(2016年7月現在)