ドイツ外務省のホームページにようこそ

ベルリン州

記事

分断された都市ベルリン。1948年のベルリン封鎖、1961年の壁の建設以降、ベルリンは分断されていました。

第二次世界大戦後のヨーロッパ分断によって、ベルリンには厳しい時代がおとずれ、べルリンは歴史の中でも特異な存在となっていました。東ベルリンが旧東ドイツの首都になり、西ベルリンは、反対陣営に囲まれた島の様な存在でした。西側陣営によって統治された西ベルリンは、ドイツ連邦政府が治めていたわけではありませんでした。そして1989119日、ベルリンの壁は崩壊しました。

1990103日以来、ベルリンは法律の上でも統一され、製造業とサービス業の都市、見本市と国際会議の都市州となりました。

発展し続けるこの大都市をさらに豊かにしているのが、様々な教育研究機関や、多様な文化シーンです。欧州連合が東方に拡大する今、ベルリンは再び中心地としての意味を取り戻すようになりました。ブランデンブルク辺境伯領、プロイセン王国、ドイツ帝国の首都だったベルリンは、進歩的な芸術や政治に対し、常に寛容でオープンでした。ベルリンはドイツの首都として、この伝統を引き継いでいます。

連邦参議院の厚意により掲載 ( 20109)

ベルリン州
Berlin
州都
ベルリン / Berlin
人口
347万人
面積
892km2
州内総生産
1242億ユーロ

州のHP

(2016年7月現在)

関連コンテンツ

このページのトップに戻る