ドイツ外務省のホームページにようこそ

ドイツ語を学ぶ理由-ドイツ語が話せると・・・

記事

ドイツ語が話せるとどのようなメリットがあるのでしょうか?ここではその一部をご紹介します。

Deutsche Sprache
Schriftzug "Deutsche Sprache"© dpa/ picture alliance

約1億2500万人がドイツ語を第1言語または第2言語として話し、ドイツ語は世界的に最も重要な言葉の一つに挙げられます。そしてヨーロッパでは約1億100万人がドイツ語を母国語として話しています。EUの諸機関ではドイツ語は英語の次にまたフランス語と並んで重要な言語です。


ドイツ語が話せると-

  • ゲーテ、シラー、ブレヒトといった20世紀の偉大な作家の作品が原文で読める
  • 履歴書の「特技」に書ける (イタリア企業の20%がドイツ語能力のある人を募集)
  • ドイツ、オーストリア、スイスの高等教育機関で無料もしくは低額で学べる
  • ベルリン映画祭を見学し、ミュンヘンのオクトーバーフェストへ行き、ケルンのカーニバルに参加できる
  • 最新の学術系雑誌が読める(学術誌の中でドイツ語は第2位を占め、全世界で出版される書籍の28%はドイツ語で書かれている)
  • 国際レベルでの就職活動。ドイツ語はEUの公用語の一つであり、その他の多くの国際機関で使用されている

このページのトップに戻る