ドイツ外務省のホームページにようこそ

ザクセン州

記事

ザクセン州が歴史において世界で名声を得てきたのは、軍事力ではなく、交易、経済、輝かしい文化など、平和的発展によってでした。

ザクセンでは、バッハ、バロック、マイセン磁器以外にも、多様で数多くの、生きた文化を楽しむことができます。絵のように美しい景観は、多くの旅行者をひきつけています。州都ドレスデンや、ライプツィッヒ、ケムニッツなどの大都市以外にも見所はあります。

ソルベン、ニ-ダ-シュレジア、フォクトレンダーその他の地域を含むザクセン州の人々は、聡明で世界に開かれていると言われ、また一方では穏やかで温かい心の持ち主とされています。ザクセンの人々が穏やかでなくなったのは、1989年に人々がライプツィヒやドレスデンの教会や路上に集まり、疲弊した旧東ドイツ指導部に対し、「国の中心である国民は自分たちだ!」と、意思表示した時でした。

ザクセンの企業は、19世紀20世紀のドイツの工業化に大きく貢献しました。現在自由州ザクセンは、旧東ドイツの州の中では最も人口が多く、また経済の再建でも大きく前進しています。これまでの経済発展は、主に建設業、手工業、商業が牽引してきましたが、製造業も強い成長力を持つようになりました。また中小企業は、重要な柱として経済を支えています。

ザクセン州は、変化する中部ヨーロッパの中心に位置することを、大きなチャンスととらえています。

連邦参議院の厚意により掲載 ( 20109)

ザクセン州
Sachsen
州都
ドレスデン / Dresden
人口
406万人
面積
18,420km2
州内総生産
1127億ユーロ

州のHP

(2016年7月現在)


このページのトップに戻る