Willkommen auf den Seiten des Auswärtigen Amts

フランク=ヴァルター・シュタインマイヤー連邦大統領 日本訪問

08.02.2018 - フォトギャラリー

フランク=ヴァルター・シュタインマイヤー大統領及びビューデンベンダー大統領夫人は、2018年2月6日~7日にかけ、日本を公式に訪問しました。

フランク=ヴァルター・シュタインマイヤー大統領及びビューデンベンダー大統領夫人は2018年2月6日~7日にかけ、日本を公式に訪問しました。2017年3月の大統領就任以降初の来日であり、東アジアで初の訪問国が日本となりました。

2月6日には、安倍総理大臣との会談が行われました。

会談後の夕食会にて、シュタインマイヤー大統領は次のように述べました。

「私たちは、最もすぐれた発展のモデル、社会のモデルとは何か、と世界中の人々がシステムに関する根本的な問い直しをしている時代に生きています。民主主義も例外ではありません。しかし、日独両国は自信を持ってこうした議論に加わることができると私は考えます。両国にとり、自由と民主主義、経済的・社会的基本権は分かちがたく結びついています。だからこそ、日独両国の緊密で建設的な関係を大変喜ばしく思っています。」

翌8日には天皇皇后両陛下との会見を行いました。

ベルリンの壁崩壊からの日数が存在期間を超えた2月7日には大使館を訪れ、記念アートがお披露目されました。

その後、日本外国特派員協会にて記者会見を行いました。

記者会見における冒頭発言はこちらからお読みいただけます。


フランク=ヴァルター・シュタインマイヤー連邦大統領 日本訪問