ドイツ外務省のホームページにようこそ

一般データ保護規則(GDPR)第13条にもとづく個人情報の保護について

10.12.2019 - 記事

ドイツ外務省と在外公館は、EU一般データ保護規則(GDPR)、連邦データ保護法(BDSG)、ならびに場合によっては特別法による規定に準じて個人データを取扱います。ここにデータの取扱いとあなたの権利について表明するとともに、情報提供義務(GDPR第13条、第14条)の遵守にあたり、当ウェブサイトの使用の際、(コンタクトフォーム、電子メール、電話、郵便を手段として)連絡を取る際、ならびにニュースレターを定期購読する際の個人データの取扱いについて、以下のとおりお知らせします。

1. 基本事項

1.1. 責任者とデータ保護担当者

外交業務関連法(GAD)第2条に基づき、外務省(本省)ならびに在外公館は一体となり一つの連邦官庁を構成します。

GDPR第4条第7項に定められた個人データの取扱いに関する責任者は以下のとおりです。

Auswärtiges Amt (ドイツ外務省) 

Werderscher Markt 1

10117 Berlin

Deutschland/Germany

電話: +49 (0)30 18 17-0 / 市民サービス: +49 (0)30 18 17-2000

ファックス: +49 (0)30 18 17-3402

市民サービスへのコンタクトフォーム

外務省のデータ保護担当の連絡先は以下のとおりです。

Datenschutzbeauftragte/r des Auswärtigen Amts (ドイツ外務省データ保護担当)

Auswärtiges Amt

Werderscher Markt 1

10117 Berlin

Deutschland/Germany

電話: +49 (0)30 18 17-7099

ファックス: +49 (0)30 18 17-5 7099

 

データ保護担当へのコンタクトフォーム

 

データ保護に関して不明点があれば、在外公館のデータ保護担当とも連絡をとることができます。在外公館のデータ保護担当への連絡方法はページの最後に記載してあります。


1.2. 個人データ

個人データとは自然人を特定する、ないしは特定することが可能となる、あらゆる情報を指します。自然人を特定することが可能となる、とは、直接的または間接的に、特に、氏名、識別番号、位置情報、オンライン識別子を用いて特定することが可能なことを指します。(GDPR第4条第1項)

1.3. 取扱いに関する法的根拠

当方では、あなたの個人データを下記の規定に基づいて取扱います。

- GDPR第6条第1項a、あなたがデータの取扱いに関し、同意を与えた場合(例:ニュースレターの送信)
- GDPR第6条第1項b、契約の履行のために取扱いが必要となる場合、または契約締結の前に手段を講ずるために、取扱いが必要となる場合
- GDPR第6条第1項c、当方が服する法的義務を遵守するために、取扱いが必要となる場合
- GDPR第6条第1項d、データの対象者ないしは他の自然人の生命に関わる利益を保護するために、取扱いが必要となる場合
- BDSG第3条と関連してGDPR第6条第1項e、公共の利益において、または公的な権限の行使において当方に与えられた業務を遂行するために取扱いが必要となる場合。(例:問合わせに対する回答)  国外における広報活動ならびにドイツ連邦共和国に関する情報提供もドイツ外務省と在外公館の公務となります。(外交業務関連法(GAD)第1条を参照)

2. 当インターネットサイト訪問の際のデータの取扱い

2.1. データの取得


利用者が当インターネットサイトへアクセス及びサイト上のデータをダウンドロードする度に、アクセスデータが一時的にログファイル上に保存され、処理が行われます。
サイト利用状況分析用のトラッキングツールは、サイト訪問者の個人データを収集しないように設定されています。
さらにサイト訪問者の追跡を防ぐため、IPアドレスは匿名化されます。
トラッキング情報の外部漏洩防止のため、トラッキングツールは当方が所有するサーバ内で、BSI(連邦情報技術安全庁)の認証を受けた安全なネットワーク領域で稼動します。
さらに利用者はウェブサイト側によるサイトアクセスの記録や分析を許可しないように自身が使用するブラウザを設定することができます(Do-Not-Track機能)。 ブラウザの設定状態の送信によって、トラッキングによる情報収集を利用者が希望するか否かがウェブサイトへ通知されます。
自分のブラウザの設定方法に関する詳細は「Do-Not-Trackの設定方法・使用ブラウザ名」等を検索サイトでご確認ください。

以下の情報がJavaScriptを使用したトラッキング機能により収集されます。
・ リクエスト(要求データのデータ名)、リクエストの日付と時刻
・ ブラウザの種類とバージョン情報(例:Internet Explorer 11)
・ ブラウザの言語設定(例:ドイツ語)
・ 使用OS (例:Windows 10)
・ 使用端末の型式、モデル、メーカー
・ ディスプレイ解像度
・ 使用プラグイン(例:Flash, Java)
・ リファラURL(直前に閲覧していたサイト)
・ 匿名化されたIPアドレス
・ リクエストから判別される国、地域、都市
・ ダウンロード
・ クリック
・ 送信されたフォームの数(目的の定義による)

2.2. セッションクッキー

サイト内の各ページのアクセス時には、円滑なナビゲーション管理のためにいわゆる一時的なクッキーが生成されます。これらのセッションクッキーには個人データは含まれておらず、セッションクッキーはセッション終了とともに消去されます。カートを使用するときにもクッキーは利用されますが、これもセッション終了時に消去されます。利用者のアクセス行動を追跡することが可能となる技術は使用されていません。


2.3. ソーシャルメディアプラグインの使用

当方では現在、Facebook、Twitter、Instagram、YouTube(Google)のソーシャルメディアプラグインを使用し、いわゆる2回クリック方式を採用しています。すなわち、当サイトを閲覧している時点では基本的に個人データはソーシャルメディアプラグイン提供者に通知されません。あなたがソーシャルメディア有効化ボタンをクリックすることで、あなたの個人データが各プラグイン提供者に通知され、その事業者が(米国の事業者の場合は米国内に)情報を保存します。当サイトでは、あなたと他の利用者との間の相互対話を通じて、より魅力的な情報を発信するためにソーシャルメディアプラグインを使用しています。

ソーシャルネットワークサービス事業者は、その利用者に関する情報(例えば個人データ、IPアドレス等)を、その事業者のデータ利用指針に従って保存し、営利目的で利用している点にご留意ください。ソーシャルネットワークサービス事業者のデータ取扱いに関する情報は、以下のリンク先を参照してください。

FacebookTwitterInstagramYouTube (Google)


ソーシャルネットワークサービス事業者によるデータ収集とその活用に対して、当方が影響力を行使することはありません。保存されるデータの範囲、場所、期間、事業者によるデータ消去義務の対象範囲、データ分析と関連付けの手法、データの譲渡先については当方では関知できません。
したがって当サイトの利用を通じて、どのような個人データをソーシャルネットワークサービス事業者に提供するか、という点について十分ご検討いただきますようお願いします。もし、当サイト上での情報交換を通じてソーシャルネットワークサービス事業者による個人データの取得を希望しない場合は、例えば、当ウェブサイト上に設けられた問合わせ用フォームを使用するなど、別の方法で当方と連絡をお取りください。


2.4. Google マップ


当ウェブサイトではGoogleが提供する地図サービス「Googleマップ」を利用しています。サービスの利用にあたり(地図上をクリックすることにより)、GoogleはIPアドレスや使用者の位置情報といった個人データを処理します。ただし、これらは使用者の同意のもとで(通常は携帯端末上の設定の範囲において)実施されるものです。

サービス提供者:
Google Ireland Limited, Gordon House, Barrow Street, Dublin 4, Irland

ウェブサイト: https://maps.google.de
情報保護について: https://policies.google.com/privacy

異議申し立てについて(オプトアウトプラグイン): http://tools.google.com/dlpage/gaoptout?hl=de


3. 連絡を取る際の個人データの取扱い

当方へ連絡をとる際に入力されたデータ(氏名、電子メールアドレス、場合によっては、住所、電話番号、ファックス番号)、ならびに伝送された情報(場合によっては個人データ)は、照会に対する連絡、ならびにその対応を目的として取扱い、連邦省庁統一業務規定(GGO)の補足事項である記録保管規定に定められている文書保管期間にもとづき保存されます。
照会内容が当方の管轄範囲ではなく、照会内容へ回答することが照会者の利益となり、かつ取扱いに特に慎重を要する個人データに該当しないと判断された場合、データ保護の措置を講じたうえで、同意を得ずに他の州省庁ないしは連邦省庁へ転送することがあります。(BDSG第3条と関連してGDPR第6条第1項e、BDSG第23条第1項1と関連して第25条第1項)

4. ニュースレターの送信

あなたは外務省が発表する新着情報や報道発表、渡航情報、安全情報を通知するニュースレターを定期購読することができます。

ニュースレター購読の登録にあたっては、いわゆるダブル・オプトイン方式を採用しています。これは仮登録時に入力された電子メールアドレス宛に、ニュースレター受信希望の確認メールを送信するものです。送信された電子メール内に記載されたリンク先を確認してはじめて、当方のニュースレターサービスを利用する期間中、ニュースレターの送信を目的として、あなたの電子メールアドレスが保存されます。仮登録後24時間以内に確認が行われなかった場合、あなたの情報は自動的に消去されます。
ニュースレターの送信への同意はいつでも撤回でき、購読を中止することができます。ニュースレターの電子メール内に記載されたリンクをクリックすることで購読中止を表明することができます。

5. 印刷物の注文

当ウェブサイトを通して、冊子類、パンフレット、その他の印刷物等を注文する場合、注文処理のために下記の個人データが必要です。

・ 氏名
・ 住所 (通り名、番地)
・ 郵便番号と居住地域
・ 電子メールアドレス

注文処理が当方組織内で完了しない場合、提供されたデータは第三者(注文された資料の発送業者、場合によっては他の官公庁や機関)へ転送されます。あなたの個人データの取扱いは、GDPR第6条第1項aに基づくあなたの同意が法的根拠となります。上述のデータが提供されない場合、注文処理は行われません。
提供されたデータは注文処理完了の90日後に消去されます。

6. 催事、広報活動業務

ドイツ外務省と在外公館は、その業務の一環として、様々な催事の主催者ないしは共催者となります。
催事への招待ないしは参加に当たっては、個人データ(氏名、住所など)を取扱います。これには、例えば、所定の書式への記入、ウェブフォームへの入力、電子メール、電話、ないしは名刺交換など、様々な方法があります。
伝達される個人データの種類は、各書式、各入力フォーム、ないしは口頭による照会など、その方法により異なります。


6.1. 同行者に関する個人データの取得


催事を適切に運営するにあたって、招待者の同行者に関する個人データも取得し取扱います。同行者は他の個人データ取得対象者と同様に、第7項に掲げられた対象者の権利を有します。

6.2. 公開されている情報元からの個人データの取得


ドイツ外務省ではさらに公開されている情報元、例えば当事者自身が公開しているウェブサイトや、一般に公開されている情報などから個人データを取得し、取扱います。

6.3. これらのデータ取得の際の取扱い


個人データは不法に第三者に伝達されることはなく、当方内部での使用、ならびに催事の組織運営(例えば、招待者リストの作成、来場者の管理)を目的として保存し、取扱います。当方は個人データを、もっぱら当方に認められている内部使用に限って、ひとつないしは複数の受託業者が使用するために転送することができます。
催事の種類によっては、当方は他の協力事業者とともに共催者となります。このような場合、催事のために取得されたデータは、その協力事業者に伝達されますが、これらのデータはもっぱら催事の適切な運営を目的として使用されます。催事ごとの協力事業者は、催事の組織運営の枠内でその都度告知されます。
データは催事の組織運営、ならびに当方の広報業務遂行の範囲において必要とされる期間に限って保存されます。
書簡や招待状を受領した場合は、いつでも、それ以降の書簡や招待状の送付を拒否することができます。

6.4. 写真撮影


ドイツ外務省と在外公館は広報活動を目的として、各種催事において写真撮影を行い公開します。場合によっては、あなたが判別できる状態で写真内に写り込むことがあります。写真撮影とその公開に対してあなたは異議を申し立てることができます。その場合は、撮影者に直接、乃至は上記の問合せ先に異議申し立てを行ってください。
報道機関による撮影については、当方はなんら影響力を行使することができませんのでご留意ください。これはGDPRにおける自己の責任範囲となります。

7. あなたの権利

7.1. あなたは個人データに関して、当方に対し下記の権利を有しています。

・ 情報を照会する権利、GDPR第15条

・ 情報を訂正する権利、GDPR第16条
・ 情報を消去する権利(「忘れ去られる権利」)、GDPR第17条
・ 情報の取扱いを制限する権利、GDPR第18条
・ データポータビリティに関する権利、GDPR第20条
・ 取扱いに異議を述べる権利、GDPR第21条

7.2.

あなたの同意のもとであなたの個人データが取扱われる限り(例:ニュースレター)、あなたはいつでも理由を述べることなく、この同意を撤回する権利を有しています。同意の撤回は、その撤回前の同意に基づく取扱いの適法性に影響を与えるものではありません。(GDPR第7条第3項)

7.3.

 さらに、あなたは当方による個人データの取扱いに関してデータ保護監督機関に対し異議を申し立てる権利を有しています。(GDPR第77条)
ドイツ外務省と在外公館を管轄する監督機関は以下のとおりです。

Der Bundesbeauftragte für den Datenschutz und die Informationsfreiheit 

Husarenstr. 30

D-53117 Bonn

8. 在外公館における情報保護管理担当者

このページのトップに戻る