ドイツ外務省のホームページにようこそ

エバーツ総領事寄稿文 神戸新聞「随想 パラリンピアン」

Christoph Glötzner 選手(パラスキー・アルペン競技/Para Ski alpin)

Christoph Glötzner 選手(パラスキー・アルペン競技/Para Ski alpin), © ©picture alliance / Ralf Kuckuck

06.07.2021 - 記事

 より速く、より高く、より強く―。古くからのオリンピックのモットーである。だが、一般スポーツもある程度の健全な野望なくしてはありえない。スポーツには遊び心と共に、健全な競争社会の原則がある意味反映されているからだ

より速く、より高く、より強く―。古くからのオリンピックのモットーである。だが、一般スポーツもある程度の健全な野望なくしてはありえない。スポーツには遊び心と共に、健全な競争社会の原則がある意味反映されているからだ。自分の才能を存分に発揮できた者にチャンスが与えられる公正な競争社会こそが、成功した社会だということである。ルールの順守を求める以上に自由な競争を制限すれば、繁栄と進歩を阻害する。


スポーツは個々の人生に幸福をもたらすこともある。私の学校時代には思い出したくない時期がある。数人の嫌なやつらがクラス全体を支配し、教師はいじめに気づかなかった。私が柔道クラブに通いだすと学校での私の存在感と発言力が上がり、驚くほど速く一目置かれるようになった。しかし当時得た教訓はスポーツ礼賛ではない、フェアプレーの大切さであった。


ドイツサッカー連盟のサポート会場でトレーナーの話しにじっと耳を傾ける若いサッカー選手たち/ Aufmerksam hören junge Fußball-Talente ihren Trainern auf dem DFB-Stützpunkt in Köpenick zu.
ドイツサッカー連盟のサポート会場でトレーナーの話しにじっと耳を傾ける若いサッカー選手たち/ Aufmerksam hören junge Fußball-Talente ihren Trainern auf dem DFB-Stützpunkt in Köpenick zu.© ©picture alliance/dpa

のんびりした子、小さい子、太った子…。みな才能に恵まれていれば、いつか自分なりの立場を確立できるだろうが、スポーツのシンプルな競争原理では分が悪い。アインシュタインなら高飛びや短距離走ができなくても許されるし、チャーチルはスポーツが大の苦手であることを冗談の種にできた。ただ彼らもそこに至るまでに多くの努力をしてきたことだろう。


東京パラリンピック2020―車椅子バスケ/Paralympics Tokio 2020 - Rollstuhlbasketball
東京パラリンピック2020―車椅子バスケ/Paralympics Tokio 2020 - Rollstuhlbasketball© ©dpa

私は、記録ばかりを期待しない種類のスポーツが一番好きだ。そしてオリンピックよりもパラリンピックに感動を覚える。パラリンピアン達は社会がいま競争よりもっと切実に必要としているものを示してくれる。不利な立場にある人々、悩める人々への配慮、人生における競争で取り残されたように見える人々にもチャンスを与えること。最も素晴らしいオリンピックのモットーは、やはり、「参加することに意義がある」なのである。


 

(神戸新聞2021年8月20日、夕刊「随想」に掲載)

このページのトップに戻る