ドイツ外務省のホームページにようこそ

新総領事、長崎と有田を訪問(2020年8月8日~11日)

エバーツ総領事、長崎にて(2020年8月9日)/Generalkonsul Eberts in Nagasaki (09.08.2020)

エバーツ総領事、長崎にて(2020年8月9日)/Generalkonsul Eberts in Nagasaki (09.08.2020), © GK Osaka-Kobe

12.08.2020 - 記事

マルティン・エバーツ新総領事の着任後初の公式行事は、原爆投下75周年長崎平和祈念式典への夫婦揃っての参加でした。

エバーツ総領事夫妻は、厳かな式典と、また特に被爆者の一人である深堀繁美さんの個人的な証言に非常に感銘を受け、エバーツ総領事は式典後次のように感想を述べました。


75年前、原子爆弾が多くの罪なき人々の命を奪ったこの場所に立ち、悲しみと謙虚さが私を満たしています。そして私は永井隆氏の言葉とともに祈りを捧げます ― 神よ、願わくばこれが世界史で最後の核による破壊となりますように。


長崎市の田上富久市長(左)並びに長崎県の平田研副知事(右)と /  Bürgermeister Tomihisa Taue (links)  sowie vom Vizegouverneur der Präfektur Nagasaki, Herrn Ken Hirata. (rehcts)
長崎市の田上富久市長(左)並びに長崎県の平田研副知事(右)と /  Bürgermeister Tomihisa Taue (links)  sowie vom Vizegouverneur der Präfektur Nagasaki, Herrn Ken Hirata. (rehcts)© GK Osaka-Kobe

8月11日、エバーツ総領事は長崎市の田上富久市長並びに長崎県の平田研副知事の歓迎を受けました。過去からの教訓について、また日独の政治の根本には平和主義の原則があること、そして、経済、学術、文化における二国間の更なる協力の深化について話しました。長崎県・市にはまさにそのための条件やドイツとのつながりが整っています。


高見三明大司教猊下 とエバーツ総領事夫妻 / Herr und Frau Eberts und der Erzbischof von Nagasaki, S.E. Mitsuaki Takami.
高見三明大司教猊下 とエバーツ総領事夫妻 / Herr und Frau Eberts und der Erzbischof von Nagasaki, S.E. Mitsuaki Takami.© GK Osaka-Kobe

8月9日の午後、エバーツ総領事夫妻は高見三明大司教猊下と会う機会を得、日本のカトリック教徒の中心地としての長崎の歴史について詳細な対話を行いました。エバーツ総領事夫妻は大司教とともに浦上天主堂を訪れ、原爆で破壊された旧浦上天主堂から見つかった感動的な2つの遺品を直に観る機会を得たことに、非常に感謝しました。
以前より平和の象徴として世界的に有名な、瓦礫の中から見つかった被爆マリア像の頭部、また元の祭壇に設置されていた木製の十字架です。
木製の十字架はまさにこの2020年8月9日にアメリカから浦上天主堂に返還されました。返還の式典も兼ねた浦上天主堂の夜の平和祈念ミサにも、夫妻は参加しました


永井隆記念館訪問 / Besuch der Takashi Nagai-Gedenkstätte
永井隆記念館訪問 / Besuch der Takashi Nagai-Gedenkstätte© GK Osaka-Kobe

永井隆記念館への視察も深く印象に残りました。記念館では永井博士の孫である永井徳三郎氏から展示物や、かの有名な博士が最後の月日を過ごした如己堂について説明を受けました。


シーボルト記念碑の前で小澤教授と / Mit Prof. Ozawa am Siebold-Denkmal
シーボルト記念碑の前で小澤教授と / Mit Prof. Ozawa am Siebold-Denkmal© GK Osaka-Kobe

エバーツ総領事は長崎大学の医学部を視察し、川上純教授と小澤寛樹教授と共に保健分野と医学教育における協力プロジェクトでの二国間協力について話し合いました。また、日独協会の活動についても高く評価しました。


今回の長崎訪問を締めくくる日本二十六聖人記念館の訪問も印象に残りました。この記念館の重要な展示物について宮田氏と記念館館長ドメニコ・ヴィタリ神父より説明を受けました。エバーツ総領事は、長崎の殉教者の勇気と道徳心の強さへの感銘や、近年信仰の深いキリスト教徒への圧力や迫害が強まる傾向がある中で、この長崎の例が私たちすべてにとって警告となることを記帳しました。


有田町の松尾佳昭町長とともに泉山磁石場を視察 / Gemeinsam mit Bürgermeister Yosihiaki Matsuo besuchte das Ehepaar Eberts den Izumiyama-Steinbruch.
有田町の松尾佳昭町長とともに泉山磁石場を視察 / Gemeinsam mit Bürgermeister Yosihiaki Matsuo besuchte das Ehepaar Eberts den Izumiyama-Steinbruch.© GK Osaka-Kobe

マイセン市と活発な姉妹都市関係を持つ、磁器の町・有田町の訪問は素晴らしい最終プログラムでした。有田町の松尾佳昭町長とともに九州陶磁文化館や、磁器製造のためのカオリンが昔から採掘されていた泉山磁石場を視察し、感銘を受けました。松尾町長とはまた、有田町とマイセン市、そしてベルリン王立磁器製陶所社との協力関係の更なる発展についても詳細な話をしました。

このページのトップに戻る