ドイツ外務省のホームページにようこそ

第1次世界大戦終結から100年-ともに思う(2018年11月11日)

Ende des Ersten Weltkriegs vor 100 Jahren – Gemeinsames Gedenken / 第1次世界大戦終戦から100年-ともに思う

Ende des Ersten Weltkriegs vor 100 Jahren – Gemeinsames Gedenken / 第1次世界大戦終戦から100年-ともに思う, © GK Osaka-Kobe

12.11.2018 - 記事

ジャン=マチュー・ボネル在京都フランス総領事とケーラー総領事は共同スピーチを行い、第1次世界大戦並びにこれまでの戦争の犠牲者に思いを寄せました。

Ende des Ersten Weltkriegs vor 100 Jahren – Gemeinsames Gedenken / 第1次世界大戦終結から100年-ともに思う
Ende des Ersten Weltkriegs vor 100 Jahren – Gemeinsames Gedenken / 第1次世界大戦終結から100年-ともに思う© GK Osaka-Kobe

将来における戦争を避け、国際協働や国家間の平和的な紛争解決に力を尽くすことが重要であると述べました。2018年11月11日神戸市立外国人墓地で行われた記念式典には、オーストラリア、イタリア、ロシア、アメリカの各国の領事館代表、オーストラリア海軍代表団並びにゲストが集いました。

このページのトップに戻る