Willkommen auf den Seiten des Auswärtigen Amts

ピストリウス ニーダーザクセン州内務・スポーツ相一行徳島県訪問(2018年4月11、12日)

ピストリウス ニーダーザクセン州内務・スポーツ相一行徳島県訪問

ピストリウス ニーダーザクセン州内務・スポーツ相一行徳島県訪問, © GK Osaka-Kobe

23.04.2018 - 記事

ボリス・ピストリウス ニーダーザクセン州内務・スポーツ相一行による、ニーダーザクセン州の長年のパートナーである徳島県訪問に、フリードリッヒ・ラーン副総領事が随行しました。

ボリス・ピストリウス ニーダーザクセン州内務・スポーツ相一行による、ニーダーザクセン州の長年のパートナーである徳島県訪問に、フリードリッヒ・ラーン副総領事が随行しました。ピストリウス大臣は、飯泉知事表敬訪問をはじめ、後藤田副知事、福井政策監、泉鳴門市市長と会談し、2020年の東京オリンピックのドイツの事前キャンプ地の候補地を視察しました。キャンプ誘致で特に有望な種目は、柔道、ハンドボール、サッカー、カヌーです。カヌーについては県が那賀町に新しいトレーニング施設を建設しました。ピストリウス大臣は、ドイツチームのために最新の施設を用意しようとする徳島県の努力に非常に心を動かされていた様子でした。彼はドイツの関係者に徳島を推薦する意向を示しました。徳島県では昨年、U18の柔道ドイツ代表がトレーニングを行ったほか、6月にはハンドボールのドイツ代表チームが日本代表チームとの親善試合を行います。

このページのトップに戻る