ドイツ外務省のホームページにようこそ



Dr. Klaus Vietze
Dr. Klaus Vietze© Botschaft Tokyo

クラウス・フィーツェ

(Dr. Klaus Vietze)


1963年2月11日 旧東ベルリン生まれ


2018年8月以降

在日ドイツ大使館首席公使

2014年-2018年

連邦大統領府アジア・アフリカ担当課長

2012年-2014年

在中国ドイツ大使館政治部長

2008年-2012年

ドイツ外務省本省(ベルリン)中国担当副課長

2004年-2008年

在日ドイツ大使館広報部長

2003年-2004年

在オーストリア国連ドイツ政府代表部にて核軍縮・(CTBT)担当

1999年-2002年

ドイツ外務省本省(ベルリン)日本担当

1995年-1999年

在大阪神戸ドイツ総領事館 領事

1994年 – 1995年

EU-ASEAN担当

1992年-1994年

ドイツ外務省(ボン)にて外交官研修

1990年-1991年

米ハーバード大学研究員

1987年-1988年

東海大学に留学

1984年-1989年

ベルリン・フンボルト大学にて日本地域研究(専攻:日本語、経済・貿易関係)


このページのトップに戻る