ドイツ外務省のホームページにようこそ

次世代蓄電技術分野での日独共同研究

記事

ドイツ連邦教育・研究省(BMBF)のシュテファン・ミュラー政務次官と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の宮本副理事長は2017524日、ドイツ大使館において、蓄電技術研究に関する共同宣言に署名しました。

20170524 BMBF NEDO
20170524 BMBF NEDO© German Embassy Tokyo

ドイツ連邦教育・研究省(BMBF)のシュテファン・ミュラー政務次官と国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の宮本副理事長は2017524日、ドイツ大使館において、蓄電技術研究に関する共同宣言に署名しました。

共同宣言の目的は、今後の更なる協力連携関係を深化させ、蓄電技術という重要な研究分野において二国間連携プロジェクトを今後更に推進することにあります。

関連コンテンツ

このページのトップに戻る