ドイツ外務省のホームページにようこそ

ドイツ国内での喫煙ついて

記事

Achtung
Achtung© dpa

2007年9月より、450の連邦政府関連の施設(喫煙所を除く)での喫煙が禁止となり、タクシー・バス・電車などの公共の交通機関での喫煙も禁止となりました。違反者には最高1000ユーロの罰金が科せられます。

また、バーデン・ヴュルテンベルク州及びニーダーザクセン州で2007年8月1日に導入したのを始まりに、2008年7月1日をもって、すべての州でバー・レストラン・病院・ 学校・公共の建物での喫煙が禁止となりました。罰金や詳細は各州によって異なります。

このページのトップに戻る