ドイツ外務省のホームページにようこそ

ドイツ連邦政府の人権担当委員

記事

ベアベル・コフラーは、2016年3月からドイツ連邦政府の人権政策と人道支援の担当委員を務めている。

Portrait of Bärbel Kofler, Federal Government Commissioner for Human Rights Policy and Humanitarian Aid at the Federal Foreign Office
Bärbel Kofler, Beauftragte der Bundesregierung für Menschenrechtspolitik und Humanitäre Hilfe© Michael Gottschalk/photothek.de

ベアベル・コフラーは、2016年3月からドイツ連邦政府の人権政策と人道支援の担当委員を務めている。

人権政策担当委員は、人権政策や人道支援に関する問題の担当窓口となる。担当委員の役割は、政治の動向を観察し、この領域におけるドイツの政策に関し、連邦外相に提案を行うことである。

人権政策人道支援担当委員は、その任務の枠内で、人権や人道支援の分野で活動する他の機関との関係の保持に努める。

コフラー氏やその職務に関する詳しい情報は下記のサイトをご参照ください。

ドイツ連邦政府人権担当委員

関連コンテンツ

このページのトップに戻る