ドイツ外務省のホームページにようこそ

アンゲラ・メルケル首相発 安倍晋三内閣総理大臣あて電報

記事

過激派組織イスラム国(IS)により日本人の人質が1人殺害されたとみられる事件を受け、ドイツのメルケル首相は安倍総理大臣に電報を送り、「忌まわしい犯行」について聞き「衝撃」を覚えている旨を述べ、哀悼の意を伝えました。

(訳文)

日本国内閣総理大臣
安倍晋三 閣下

貴国国民である湯川遥菜様が、忌まわしい犯行の犠牲となられたと聞き、衝撃を覚えております。

ここに、ご家族に衷心よりお悔やみを表し上げますとともに、この苦難 の時にあってお心を強く持たれますことを念じております。

私たちは今後もともにテロとの闘いを続けてまいります。

謹んで哀悼の意を表しつつ

ドイツ連邦共和国首相
アンゲラ・メルケル

関連コンテンツ

このページのトップに戻る