Willkommen auf den Seiten des Auswärtigen Amts

死刑反対の闘い

記事

ドイツ連邦政府は、生きる権利は最も価値あるものだと考えている。このため連邦政府は、長年にわたりEUのパートナー国と共に、世界中で死刑に反対する政策を推進している。すでに

ドイツ連邦政府は、生きる権利は最も価値あるものだと考えている。このため連邦政府は、長年にわたりEUのパートナー国と共に、世界中で死刑に反対する政策を推進している。すでに注目に値する成果をあげており、現在130カ国が、死刑の執行を停止、または廃止し、この様な国は増加している。その結果、世界で執行される死刑執行の総数の約95%が、わずか7カ国に集中する状況になった。

ドイツ政府の死刑反対の活動は、様々なレベルで行われている。国連では、2007年から定期的に採択されている死刑モラトリアム決議のため、連邦政府は積極的に活動している。この決議の最も重要な成果は、世界的な死刑廃止の流れが決議という明確な形で記録されたことである。また死刑の廃止は、他の国の政府代表との間で、しばしば二国間会談のテーマとなり、外務省によるプロジェクト推進の対象にもなっている。

プロジェクトのなかで特に意味があるものは、情報発信を行い、生きる権利に対する意識を高めるものである。つまりドイツ連邦政府は、EUのパートナーと協力し、個々のケースで外交的な介入をすることで、予定された死刑執行を回避するべく、多大な尽力をしている。

Copyriht:外務省)

このページのトップに戻る