ドイツ外務省のホームページにようこそ

新型コロナウイルス感染症対策に関するメルケル首相のメッセージ(Audio Podcast)

29.03.2020 - 記事

自宅隔離中のメルケル首相は3月28日、自身のオーディオポッドキャストを通じ、新型コロナウイルス感染拡大阻止に向け導入されたルールを市民が徹底して守っていることへの感謝を表明しました。感染阻止のため、他人との接触を回避することを目指す取組が進められていますが、メルケル首相は、「ほとんどの市民が行動を大きく変えた」とし、そのことに「とにかく心から深くありがとうと言いたい」と述べ、次のように語りました。

「申し上げたいのは、現在、ドイツ国内で誰もが守らなければならない接触制限措置を実行するのがいかに大変か、私自身よくわかっているということです。
先週日曜日(3月22日)、連邦政府と各州政府は、接触制限のガイドライン拡大で合意しましたが、この新しいルールにより、社会生活がわずか数日間で必要最低限のレベルまで縮小されたと誰もが感じています。私たちは新ガイドラインの合意で、皆さんの理性と思いやりに訴えました。そして今、ほとんど全ての人々が行動パターンを大きく変えたことを目の当たりにし、感染リスクがどこに潜んでいるかわからないなか多くの人々が回避可能な接触を控えているのを目の当たりにし、私はとにかく、ありがとう、心から深くありがとう、と申し上げたいのです」

「(...)ウイルスとの戦いでは、一人ひとりが当事者です。ルールを守ることによって誰もが、命を救えるのです。皆さんが協力してくれると信じることができる。このことに感謝したいと思います」

オーディオはこちらからお聞きいただけます。

全文テキストはこちら(ドイツ語)

このページのトップに戻る