ドイツ外務省のホームページにようこそ

北朝鮮のミサイル発射に関する外務省報道官発言

04.05.2019 - 記事

ドイツ外務省の報道官は本日(5月4日)、北朝鮮のミサイル発射について以下のとおり述べました。
「今回の北朝鮮によるミサイル発射は、ミサイル・核開発放棄に向けた北朝鮮の具体的行動を国際社会が期待しているなかで行われた挑発的行為である。(...続く)

ドイツ外務省の報道官は本日(5月4日)、北朝鮮のミサイル発射について以下のとおり述べました。


「今回の北朝鮮によるミサイル発射は、ミサイル・核開発放棄に向けた北朝鮮の具体的行動を国際社会が期待しているなかで行われた挑発的行為である。


トランプ米国大統領は、このような挑発があっても交渉プロセスを継続する姿勢を強調した。私たちはこれを歓迎する。


北朝鮮は国連安全保障理事会の決議を遵守し、大量破壊兵器および弾道ミサイルの開発を放棄しなければならない。


これ以上の挑発行為は一切行わず、速やかに完全で検証可能かつ不可逆的な非核化に向けた具体的かつ実質的な行動をとり、これにより外交的解決への関心を示すことを北朝鮮に求める」

このページのトップに戻る