Willkommen auf den Seiten des Auswärtigen Amts

留学する方へ:滞在費用の証明について

18.12.2017 - 記事

ドイツに留学する場合、滞在中の学費、生活費、帰国費用等が担保されていることを確認するための書類が必要になります。手続きに関してはこちらをご覧ください。

はじめに

ドイツに留学する場合、滞在中の学費、生活費、帰国費用等が担保されていることを確認するための書類が必要になります。2017年末まで大使館・総領事館で作成していた経費負担誓約書は現在していません。

証明書類は費用を負担する方法により異なります。


ビザ申請には、滞在予定の全期間について月額720ユーロ以上の収入があることを証明する必要があります。以下のうちいずれかを現地で提示してください。

  1. 奨学金についての証明(大学、基金など発行のドイツ語又は英文のもの)
  2. 本人名義の口座の残高証明書で必要な金額があるもの
    ただし、現地の外国人局ではこれを受け付けていない場合もあります。詳細については現地の外国人局でご確認ください。
  3. 滞在予定の全期間につき月額720ユーロ以上を入金した閉鎖口座(Sperrkonto / blocked account)を開設したことの証明書。(例:6ヶ月の滞在であれば、720ユーロx6ヶ月=4,320ユーロ、一年であれば8,640ユーロ以上の入金が必要)

日本など、ドイツで入国後にビザの申請ができる国籍の方

ドイツ入国後に現地で閉鎖口座を開設してください。閉鎖口座はドイツの多くの銀行や貯蓄銀行で取扱いがあります。下記の銀行では渡航前に閉鎖口座を開設できます。

Fintiba(オンラインでの口座開設が可能)

X-Patrio(オンラインでの口座開設が可能)


事前に日本でビザを申請する必要がある国籍の方

下記のFintibaまたはX-Patrioで閉鎖口座を開設するか、大使館・総領事館で、ドイツ銀行の閉鎖口座開設のための署名認証手続きができます。


Fintiba(オンラインでの口座開設が可能)

X-Patrio(オンラインでの口座開設が可能)

ドイツ銀行  ( 口座開設申し込みに大使館・総領事館での署名認証が必要)

 

 

このページのトップに戻る