ドイツ外務省のホームページにようこそ

広島原爆投下から75年の「原爆の日」に寄せて - マース外相メッセージ -

06.08.2020 - 記事

広島への原爆投下から75年の節目となる「原爆の日」に際して、ハイコ・マース外相は次のように語りました。

(訳文)

広島に行った人は皆、鉄骨と化した建物の前に広がる何ひとつない焼け野原という爆心地の光景が頭に焼き付いている。広島に行った人は皆、文明の終焉という絶望の淵をのぞきこんだことになる。

世界は、広島で、そしてその数日後、長崎で、何が起きたのか、なぜ起きたのかを忘れてはならない。被ばく、死、病、苦しみ。これらは皆、ナショナリズムと軍国主義が渦巻くなか、ドイツと日本が始めた戦争によりもたらされた。

絶望の淵をのぞきこんだことではじめて、人類は戦後、核兵器による人類絶滅を回避する道のりを見出せた。それだけに、当時の約束が、現在の近視眼的かつ無責任なパワーポリティクスにより反故にされないか、私は大変懸念している。

核軍縮は停滞している。新しい技術が、危険な不均衡を生み出している。北朝鮮のような国による核開発は、国際社会全体に挑戦的課題をつきつけている。

あの惨禍から75年。広島から、軍備管理と核軍縮のための新たな勢いを生み出さねばならない。

そのために日独は、多くの国々と協力している。「ストックホルム・イニシアティブ」や「軍縮・不拡散イニシアティブ(NPDI)」の一角を担う両国は、全ての国々に自身の約束を守るよう強く訴えている。とりわけ、核不拡散条約(NPT)と包括的核実験禁止条約(CTBT)は重要だ。そして、軍縮と軍備管理にとりわけ大きな責任を担う核保有国が、その責任を果たすようを訴えている。

広島は、核戦争の狂気と犠牲者の計り知れない苦しみを今に伝えている。昨年11月の訪問時、何人かの被爆者の方々とお話をすることができた。彼らのためにも、私たちはより平和な世界の実現のために全力を尽くす義務がある。核なき世界の実現のために。

このページのトップに戻る