ドイツ外務省のホームページにようこそ

新型コロナウイルス感染症関連情報とビザ申請について

Ein Beamter der Bundespolizei gibt einem Passagier im Düsseldorf International-Flughafen nach einer Ausweiskontrolle den Reisepass zurück.

Passkontrolle am Düsseldorfer Flughafen, © dpa

30.12.2020 - 記事

ビザ申請、ドイツへの入国、検疫規則に関する情報を以下の通りお知らせします。

1.ビザの手続き

現在のところ、予定している入国が絶対に不可欠である場合に限ってビザが発給可能です。どのような場合に必要不可欠な入国として認められるか、については、連邦内務省のウェブサイト内「コロナウイルス:FAQ」のページの「旅行制限/入国検査」の項内に、ドイツ語、英語、フランス語で説明があります。

ドイツ語

英語

フランス語


短期滞在/ビザが必要な国の国籍を有する人のためのシェンゲンビザ

ビザが必要な国の国籍保有者の短期滞在のためのシェンゲンビザ申請の予約は、現在のところオンライン予約システムでは受け付けておりません。ドイツでの短期滞在を目的とした入国のためのビザが必要で、下記の条件を満たしている場合は、それを証明する書類をPDFファイルで添付し、居住する管轄地域に応じて下記宛先に電子メールで連絡をとってください。

在京ドイツ大使館領事課(東日本地域)

info@toky.diplo.de

大阪・神戸ドイツ総領事館領事課(愛知県、岐阜県、富山県以西の西日本地域)

info@osaka-kobe.diplo.de



2.なぜ最近は「Landsleutebrief」(日本滞在中のドイツ人向け情報レター)が発信されないのですか?


「Landsleutebrief」(日本滞在中のドイツ人向け情報レター)は、突然の危機発生時に信頼できる情報を入手することが困難となり、例えば、日本からの出国手段といった危機対応に関連する情報を迅速にドイツ人コミュニティに告知する必要がある場合の情報提供手段として想定されているものです。現在、危機発生から約一年が経過しました。最新の関連情報が他の手段では十分に入手できないと判断された際に、2020年中は合計19回の情報レターを通して、ドイツ大使館は日本滞在中のドイツ人向けに最新の情報を提供しました。同時に、大使館のウェブサイト上でも継続的に情報提供を行い、関係する日本の関係機関のウェブサイトへのリンクも提供しています。これによって最新情報は常時入手可能となっています。大使館のウェブサイト上のこのサービスは多くのドイツ人の好評を得ており、今後も継続していく予定です。したがって2021年は「Landsleutebrief」(日本滞在中のドイツ人向け情報レター)は特別な事態が発生した場合に限って発信します。



その他のコンテンツ

Due to the COVID-19 pandemic, restrictions are in place for entry into Germany from a large number of countries. Those entering Germany from risk areas must complete a digital entry registration form, be tested for coronavirus and, depending on the regulations of the Land in question, self-isolate.

Information on entry restrictions and quarantine regulations in Germany

このページのトップに戻る