ドイツ外務省のホームページにようこそ

新型コロナウイルス感染症(Covid-19)対応期における法の支配について(共同声明)

02.04.2020 - 記事

ベルギー、ブルガリア、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトヴィア、リトアニア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、スペイン、スウェーデンによる共同声明

ベルギー、ブルガリア、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトヴィア、リトアニア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、スペイン、スウェーデンによる共同声明

現下の未曾有の状況において、国民を守り、危機を乗り越えるため、各EU加盟国が異例の措置をとることは正当である。しかしながら、特定の緊急措置を実施することにより、法の支配、民主主義、基本権といった原則が破られる怖れがあることを私たちは深く憂慮している。緊急措置は、必要最小限かつ適切な範囲にとどめ、期間を限定すべきであり、随時検証されるとともに、上述の原則と国際法上の義務を遵守するものであるべきである。また、自由な意見表明や報道の自由を制約するものであってはならない。私たちは一致してこの危機を乗り越えなければならず、こうした対応を通じ、欧州が掲げる原則と価値を一致して維持していかねばならない。こうしたことから、私たちは、EUの基本的価値が遵守されることを目指し、緊急措置およびその適用を監視していくとの欧州委員会の取り組みを支持するとともに、EU一般理事会会合にて、場合により本件を議題として取り上げるよう要請する。 

このページのトップに戻る