ドイツ外務省のホームページにようこそ

ベルリンの壁崩壊30年 東ドイツの映画と歴史

映画館

映画館, © colourbox.com

12.02.2019 - 記事

2019年10月5日~11日 / 大阪府・京都府

ゲーテ・インスティトゥート大阪・京都は、DEFA財団の協力を得て、この30周年を記念した特集上映を企画し、9本のアニメーション作品を含む計19作品を紹介します。また、今回日本初公開の『グンダーマン』の監督アンドレアス・ドレーゼン氏のトークショーも開催されます。

1946年、東ドイツに国営の映画製作会社として設立されたDEFAは、国による厳しい管理体制と検閲の下でも話題性と芸術性に優れた映像作品を数多く輩出し続け、注目を集めました。DEFA作品には、当時の東ドイツで暮らす人々の日常の姿とともに、夢や葛藤、希望がありのままに映し出されています。

中でも、浚渫現場で作業員として働きながら、シンガー・ソングライターとして東ドイツで人気を博したゲアハルト・グンダーマンの生涯を描いた『グンダーマン』(2018年)は日本初公開です。今年、この作品はドイツ映画賞6部門で最優秀賞を受賞しました。


日時:2019年10月5日(土)~10月11日(金)
場所:シネ・ヌーヴォ(大阪市西区九条1-20-24)


詳細(上映スケジュール)

このページのトップに戻る