ドイツ外務省のホームページにようこそ

映画「未来を乗り換えた男」

05.12.2018 - 記事

2019年1月12日~ / 日本各地

ドイツの作家アンナ・ゼーガースが1942年に亡命先のマルセイユで執筆した小説「Transit」を、現代に置き換えて映画化。

"Transit" / 018年 /  ドイツ・フランス合作 / 102分


祖国ドイツで吹き荒れるファシズムを逃れてきた青年ゲオルクは、ドイツ軍に占領されようとしているパリを脱出し、南部の港町マルセイユにたどり着く。
ゲオルクは偶然の成り行きで、パリのホテルで自殺した亡命作家ヴァイデルに成りすまし、船でメキシコへ発とうと思い立つ。そんなとき、一心不乱に夫を捜している女性マリーとめぐり合ったゲオルクは、彼女に心を奪われていく。しかし、彼女が捜しているのはゲオルクが成りすましているヴァイデルだった…。

Film Transit
Film "Transit"© Entertainment Pictures

主演には巨匠ミヒャエル・ハネケの『ハッピーエンド』など話題作に相次いで出演し2018年のベルリン映画祭シューティングスター賞を受賞したフランツ・ロゴフスキー。



公式HP

このページのトップに戻る