ドイツ外務省のホームページにようこそ

シンポジウム「日本におけるドイツ食品・飲料の可能性」

日本におけるドイツ食品・飲料の可能性

日本におけるドイツ食品・飲料の可能性, © 在日ドイツ商工会議所

06.11.2018 - 記事

2018年11月14日/東京都

本イベントは、ドイツ連邦食糧・農業省の輸出促進プログラムの一環として行われもので、日本とドイツの食品・飲料事業関係者間の情報交換および事業への関心を促進・サポートする目的で開催されます。

日時:2018年11月14日(水)11時30分~17時30分

会場:六本木ヒルズ森タワー49階 (タワーホール)
主催:ドイツ連邦食糧・農業省、在日ドイツ商工会議所、enviacon international
参加費:無料
定員:100名
言語:日英同時通訳
締め切り:2018年11月12日(月)


ドイツ食品飲料産業連盟(BVE)によると、5940社(2016年)に58万人の従事者を抱えるドイツの食品飲料市場は、ドイツの三大産業の一つです。ドイツは売上高において、EU最大の生産者でもあります。食品産業は最高品質の食品と飲料を提供するという責務だけではなく、日々変化する消費者のニーズに積極的に対応したいという考えをもっています。

さらに、2018年7月に署名されたEUと日本の経済連携協定(EPA)により、特に食品分野における日欧間の貿易を促進することが 期待されています。欧州委員会はチーズ、ワイン、豚肉に関する日本の関税が撤廃されることにより、農産部門での180%の成長を予測しています。


本件に関するお申込み及び詳細は在日ドイツ商工会議所HPをご参照ください。

このページのトップに戻る